【知恵袋】Q.148勝手にされた所有権移転登記について


YAHOO知恵袋で質問に回答しました。


【質問】

自分の知らないところで不動産の名義人にされていました。名義変更や売却の手続きについておしえてください。


絶縁した親族が勝手に自分の名前で不動産購入をしていました。


物件について何も知らないし、登録した人との連絡もできません。

絶縁後、納税通知が来て初めて知りました。


なるべく相手と関わらずに、その物件との関わりを絶ちたいです。


印鑑証明などが手元になく名義変更ができません。

名字が同じなので勝手に相手が登録しているようです。

売却のほうが簡単でしょうか。


こちらに全く書類がないので困っています。

裁判などはなるべく控えたいです。

お知恵をお貸しください。



【回答】

事実であればいろいろ問題があります。
弁護士と警察に相談すべきだと思います。


印鑑登録が勝手に行われているのも問題です。

これは直ぐに対処しましょう。


予め調べておいた方がいいのは、その親族が質問者様の代理して取引を行ったのか、質問者様になりすまして取引したのかを確認することです。

(親族への責任追及の方向性がきまる)


無権代理では、その契約の効果は生じないことになります。

不動産流通推進センター

https://www.retpc.jp/archives/17737/


問題はなりすましの場合です。

まず、法務局で当該物件の登記簿を確認し、誰から買ったのかを調べましょう。元の所有者の名前、住所の確認ができるはずです。そして取引の状況を確認しましょう。親族が代理で行ったのであれば、質問者さんからの委任状などの確認や交付があったはずですし、署名蘭に○○代理人○○と記載があると思います。


続いて仲介業者の有無と、登記申請をどのように手続したかを確認しましょう。仲介業者がいれば仲介業者、登記を司法書士に依頼していれば、司法書士にも責任追及ができるかもしれません。

(本人確認の不備の可能性、犯罪収益移転防止法)

※表見代理が成立しない前提で回答しております。


売却などしたら追認(無効なものが有効になる)となります。

一つ一つを解決した方が良いと思いますよ。


---------実際の回答と続きはこちら(YAHOO知恵袋)

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14254105079


お問い合わせはこちらからお願い致します。(google form)

対応エリア 

京都府・大阪府・三重県・滋賀県・兵庫県・奈良県・和歌山県 

新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県 

東京都・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・神奈川県

【相談無料】相続・遺言・離婚・競売・不動産調査・民泊申請・個人売買 佐野友美行政書士事務所(静岡県富士市)

不動産無料査定、売却・個人売買(親族間売買)の支援・無料相談なども行っております。共有名義にする前にご相談ください。 不動産だけでなく、車両等の名義変更も対応可能です。 民泊の許可申請、マンション管理規約の見直し、後見・家族信託(民亊信託)についてもお気軽にご相談ください。