【知恵袋】Q.075個人売買における調査費用等の負担について

YAHOO知恵袋で質問に回答しました。


【質問】

不動産の個人売買に伴う

仲介手数料って誰、負担ですか?

仲介は、宅建資格者にやって貰います。



【回答】

まずご質問通り仲介を前提とするならば宅建業法の適用があり、免許(宅建士の資格ではなく宅建業免許)を持たない者が行うと業法違反に当たります。


仲介(両者を取りもつ)するには宅建業の免許が必要ですから、個人取引を「支援」してもらう場合、売主・買主のどちらか一方との契約になると思います。


結果、費用負担はどちらか一方ということになると思います。


宅建士資格者に確認してみてください。


---------実際の回答と続きはこちら(YAHOO知恵袋)

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12253327397


お問い合わせはこちらからお願い致します。(google form)

対応エリア 京都府・大阪府・三重県・滋賀県・兵庫県・奈良県・和歌山県 

新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県 

東京都・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・神奈川県

【相談無料】相続・遺言・離婚・競売・不動産調査と個人売買支援 佐野友美行政書士事務所(静岡県富士市)

不動産無料査定、売却・個人売買(親族間売買)の支援・無料相談なども行っております。共有名義にする前にご相談ください。 ※不動産仲介に該当する場合は、提携不動産会社にて行いますのでご安心ください。不動産だけでなく、車の名義変更など、各種名義変更も対応可能です。 後見・家族信託(民亊信託)についてもお気軽にご相談ください。