【知恵袋】Q.042購入と売却の優先順位について


YAHOO知恵袋で質問に回答しました。


【質問】

現在空き家で、母との共有名義の小さな住宅を持っています。

そこは物入れになっています。


今度夫と共有名義で、中古住宅を購入することになりました。


そこで空き家は売ろうと思ってるんですが、夫ととの住宅を購入後に売っても問題ないのでしょうか?

それとも売ってから購入した方がいいのでしょうか?


税務署対策としてどう思われますか?


【回答】

売却により利益がでるどうかで判断したらいかがでしょうか?

利益がでないなら、手順は特に意識しなくても良いと思います。

になります。


利益が出る場合は、(相続や贈与で所得した場合など)

●居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例

が使えるかどうかを検討します。(住まなくなった期間に制限有り)


しかしこの制度を適用すると、購入の時の

●住宅借入金等特別控除

が使えなくなります。


どちらの方にメリットがあるかを判断する必要があるため、売却による税負担がどのくらいあるのかを判定することが大事になります。このため、

★売却してから買う、がおすすめです。

ご検討ください。

-------------------------------------

利益があると、所有期間に応じて所得税がかかります。

・短期譲渡所得

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/joto/3211.htm

・長期譲渡所得

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/joto/3208.htm

・居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/joto/3302.htm

・住宅借入金等特別控除

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1213.htm

→令和4年の入居では、年末残高の0.7%に縮小予定(報道ベース)


---------実際の回答と続きはこちら(YAHOO知恵袋)

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10253646340


お問い合わせはこちらからお願い致します。(google form)

対応エリア

京都府・大阪府・三重県・滋賀県・兵庫県・奈良県・和歌山県

新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県

東京都・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・神奈川県

【相談無料】相続・遺言・離婚・競売・不動産調査と個人売買支援 佐野友美行政書士事務所(静岡県富士市)

不動産無料査定、売却・個人売買(親族間売買)の支援・無料相談なども行っております。共有名義にする前にご相談ください。 ※不動産仲介に該当する場合は、提携不動産会社にて行いますのでご安心ください。不動産だけでなく、車の名義変更など、各種名義変更も対応可能です。 後見・家族信託(民亊信託)についてもお気軽にご相談ください。