【知恵袋】Q.041宅建業者の守秘義務について


YAHOO知恵袋で質問に回答しました。


【質問】

不動産関連に詳しい方に質問です。

離婚時の慰謝料請求で、自宅の売却益を折半する事で示談していたのですが、売主である元夫から売却後の明細を見せることを拒否されています。不動産側に事情を説明して見せてもらおうと思っても出来ないの一点張りです。そんな事あるのでしょうか?一応私は世帯主でした。


元夫から口頭で伝えらた額に謎の広告費があったりと不信感が拭えないのです



【回答】

質問者様のお気持ちは理解しますが、法令により、正当な理由なく契約の当事者以外に取引内容の情報提供をすることはありません。


※宅地建物取引業法第45条

(秘密を守る義務)

第四十五条 宅地建物取引業者は、正当な理由がある場合でなければ、その業務上取り扱つたことについて知り得た秘密を他に漏らしてはならない。宅地建物取引業を営まなくなつた後であつても、また同様とする。


そして正当な理由とは(主なもの)

●裁判の証人として証言を求められた場合

●法令に基づく場合

●依頼者の承諾があった場合

です。


今回のケースはどれにも当てはまりません。


お気持ちはわかりますが、その不動産会社は法を遵守しています。大変だとは思いますが、元の夫の方から聞き取るか、裁判上で実現してください。


---------実際の回答と続きはこちら(YAHOO知恵袋)

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13253635648


お問い合わせはこちらからお願い致します。(google form)

対応エリア

京都府・大阪府・三重県・滋賀県・兵庫県・奈良県・和歌山県

新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県

東京都・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・神奈川県

【相談無料】相続・遺言・離婚・競売・不動産調査と個人売買支援 佐野友美行政書士事務所(静岡県富士市)

不動産無料査定、売却・個人売買(親族間売買)の支援・無料相談なども行っております。共有名義にする前にご相談ください。 ※不動産仲介に該当する場合は、提携不動産会社にて行いますのでご安心ください。不動産だけでなく、車の名義変更など、各種名義変更も対応可能です。 後見・家族信託(民亊信託)についてもお気軽にご相談ください。