【知恵袋】Q.029土地を更地にして売る場合について


YAHOO知恵袋で質問に回答しました。


【質問】

中古住宅の購入を考えています。

今は古い自宅一軒家に住んでいますが、この土地を売却して、新しい中古住宅への資金の一部を当てようと思っています。売却の際更地費用を差し引かれるとのことですが、仮にアスベストが建材に練り込まれていた場合、撤去費用が余分にかかるため、本来の更地代金のおよそ2倍に膨れ上がると聞きました。やはりその代金も売り主が全て持つ羽目になるのでしょうか。




【回答】

更地渡しでご売却の場合は、解体と滅失登記を決済前に行いますので、売主様の手配で解体することになります。


費用負担は事前の話し合いで宜しいかと思います。


ただしスムーズに商談するためには、売主負担が望ましいです。理由は、買主の立場として、無くなるものに費用をかけることに抵抗があるからです。


解体工事についてはご認識の通り、アスベストが含まれているのであればその対策をしなければなりません。解体工事は事前に見積もりを取得することが可能ですので、売却をなさるのであれば、早目に取得しておきましょう。


---------実際の回答と続きはこちら(YAHOO知恵袋)

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10253393875


お問い合わせはこちらからお願い致します。(google form)

対応エリア

京都府・大阪府・三重県・滋賀県・兵庫県・奈良県・和歌山県

新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県

東京都・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・神奈川県

【相談無料】相続・遺言・離婚・競売・不動産調査と個人売買支援 佐野友美行政書士事務所(静岡県富士市)

不動産無料査定、売却・個人売買(親族間売買)の支援・無料相談なども行っております。共有名義にする前にご相談ください。 ※不動産仲介に該当する場合は、提携不動産会社にて行いますのでご安心ください。不動産だけでなく、車の名義変更など、各種名義変更も対応可能です。 後見・家族信託(民亊信託)についてもお気軽にご相談ください。