【知恵袋】Q.025境界上のフェンス設置について


YAHOO知恵袋で質問に回答しました。


【質問】

隣家との境界線上にブロックがあるのですが、その上にフェンスを折半でつけたいと言われました。


この場合、ブロック、フェンスは隣家とウチの共有財産になるかと思うのですが、将来子供に相続させる場合や、転売する場合、共有財産である旨を証明するものって何があるのでしょうか?


工事の領収書で証明出来ますか?


将来トラブルにならないために

何か法的に有効な書面等を作成した方がいいのでしょうか?


法律に詳しい方、ご教授お願いします。




【回答】

書面を作成しましょう。

土地家屋調査士か行政書士で対応できます。


準備

・現況測量、または概略の敷地図面を作成する


内容

・不動産の表示を記載する

・敷地図面中にブロックの位置を示す

・ブロックの中心を境界線とすることを記載

・ブロックの設置費用を折半し、共有とすることを記載

・管理・修繕費用も折半とすることを記載

・相続や売買などでもお互いにこの合意内容を承継させることを記載

このような構成で良いと思います。


ちなみに私は壁の高さが気になります。


維持管理費用について、相手方が出せなくなった時の覚悟は一応しておきましょう。

私は境界ブロックは、どちらかの敷地内に入れ、その所有者に設置と維持管理をしてもらうようにおすすめしています。


---------実際の回答と続きはこちら(YAHOO知恵袋)

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14253371189


お問い合わせはこちらからお願い致します。(google form)


対応エリア

京都府・大阪府・三重県・滋賀県・兵庫県・奈良県・和歌山県

新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県

東京都・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・神奈川県

【相談無料】相続・遺言・離婚・競売・不動産調査と個人売買支援 佐野友美行政書士事務所(静岡県富士市)

不動産無料査定、売却・個人売買(親族間売買)の支援・無料相談なども行っております。共有名義にする前にご相談ください。 ※不動産仲介に該当する場合は、提携不動産会社にて行いますのでご安心ください。不動産だけでなく、車の名義変更など、各種名義変更も対応可能です。 後見・家族信託(民亊信託)についてもお気軽にご相談ください。