【知恵袋】Q.016不動産の価格評価について


YAHOO知恵袋で質問に回答しました。


【質問】

CFP不動産の問題

不動産の価格評価

取引事例比較法の適用における事例の選択について質問です。

甲土地の価格を算定するにあたり、いくつかの取引事例から選択する問題です。

取引事例単価が相続税路線価を下回っている場合、なぜ適切でないのでしょうか?




【回答】

CFPの問題の意図が判りませんが、不動産実務の観点から言うと以下のケースが考えられます。


●取引事例は必ずしも相場を示しておらず、売主の事情が強く反映された事例も存在するという事(レアケースの存在)

→早く売る必要があり、相場よりも安く設定して売れた(安く反映)

→借入が多く抵当権が外せる販売価格を設定したが、たまたま売れた(高く反映)


●相続税路線価は公示価格の80%を目標にしていることから、路線価以下の取引事例はレアケースの可能性がある。


以上、参考になりましたら幸いです。


----------実際の回答と続きはこちら(YAHOO知恵袋)

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13253284063



お問い合わせはこちらからお願い致します。(google form)

対応エリア

京都府・大阪府・三重県・滋賀県・兵庫県・奈良県・和歌山県

新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県

東京都・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・神奈川県

【相談無料】相続・遺言・離婚・競売・不動産調査と個人売買支援 佐野友美行政書士事務所(静岡県富士市)

不動産無料査定、売却・個人売買(親族間売買)の支援・無料相談なども行っております。共有名義にする前にご相談ください。 ※不動産仲介に該当する場合は、提携不動産会社にて行いますのでご安心ください。不動産だけでなく、車の名義変更など、各種名義変更も対応可能です。 後見・家族信託(民亊信託)についてもお気軽にご相談ください。